RADO観光
フジドリーム 旅Color Full
スタッフブログ
14日間の隔離生活

スタッフブログBLOG

2021.7.27

14日間の隔離生活

突然ですが皆さんは、なぜ国内にコロナ感染症のイギリス株・デルタ株などが流行するんだろうと考えられた事はありますか?

 

ここ一年私はずっと疑問に思っていました。

海外からの帰国者・入国者って14日間隔離生活を行って、感染していないと判断されてから日本国内での滞在・生活をしているのに、なぜ新たなコロナ感染症のイギリス株・デルタ株が流行するのだろうと疑問に思っていました。

 

隔離生活があるのなら海外からの流入ではないので、日本国内の感染者の中で突発的に変異したのか?

などと考えていたのですが、先日ある羽田空港付近にあるホテル関係者のお話を聞いて、なんとなく疑問が解決しました。(羽田空港付近のホテル様は入国者・帰国者の一時滞在先だったようです。)

 

ホテル関係者の方曰く、

「だいたい3泊から5泊くらいで陰性とわかればチェックアウトされていきます。」

との事。

 

えっ?!14日間じゃないの?

 

そうなんです。

おそらく日本の国民の大半が海外からの入国者・帰国者、もしくは日本から海外に行った際は、陰性だろうがなんだろうが、14日間は隔離されていると思っておられる方が多いと思います。

 

しかし現実は・・・

3泊ないしは5泊くらいでだいたい入国者・帰国者が、自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、ご自身で予約したホテルなどで待機!(いつのまにか待機という言葉に変っています。)

 

ここまでお読みいただいてのご意見は大半の方は・・・

「そりゃぁー新種が流行するわぁ」

「日本国内でいかに努力しても無理だわぁ」

と思われる方が多いと思います。(私はそう思いました。)

 

待機場所が、自宅、社宅、親戚の家、友人の家もありえるのなら、帰国者が感染していれば、同居人が感染する事も十分考えられ、社内感染などで、どんどん国内に流入します。

 

なんかのCMで、「今までの洗濯用洗剤は、ほとんど水です。」って言っているのを聞いた事がありましたが、私的には正直、「今までの帰国者は、ほとんどザルです。」って思ってしまい、ホテル関係者の方にこの言葉を言ってしまいました。

ホテル関係者の方も「言いづらいですが、そうです!ほとんどザルです。」って言われていました。泣

 

緊急事態宣言・まん延防止など国内にいる人間には、蛇口を思いっきり閉めているにも、関わらず海外からの流入は開放とはいいませんが、水道からぴちょん!ぴちょん!と水が落ちている状況です。

 

飲食業・観光業は、このコロナで非常に深刻な被害が出ていますが、食い止めるべきは国内だけでいいのか?水際・水際と聞いていましたが、果たして万全なんでしょうか?

 

いかにワクチン接種者を増やして、経済を活性化させようとしても、蛇口が完全にしまっていないようであれば、飲食業・観光業の未来はいつになるのやら・・・

 

観光業は「緊急事態宣言」「まん防」などコロナ禍による移動・行動制限などの影響でピンチです。

蛇口・水際などの対策は、行政の方におまかせするしかないのですが、私どもでできる限りの事は考え行動していきます。

 

ワクチン接種を受けられる方は受けていただき、移動・行動の制限なく旅行に行っていただける方が増える事は、観光業・旅行会社にとってもありがたいお話です。

なんとかワクチン接種受けた方を支援し、それならワクチン接種を打とう!と考えていただけるようにできればなぁーと思います。ワクチン接種をされた方を対象に何か特別なプランを企画しようと思います。

 

ただし、なんらかの理由で受けられない方がいるというお話も耳にはしている為、受けられない方へも、ひと工夫をして旅行・ツアーにご参加いただけるようにしたいと思います。

 

旅行の内容・詳細は未定ですが・・・・

FDAを使った旅行にするのは確実です。

以前に、メルマガ会員様限定のPCR検査付旅行を作成した際、100名様限定で販売しましたが、即日からたくさんのお客様よりご予約を頂戴しましたので、同様の展開かなぁーと考えています。

 

また後日、本ページにて内容を発表いたしますのでご期待ください。

 

過去には、PCR検査付ツアーなども作成をしており、一部路線では現在も販売中です。

https://fuji-dream.radokanko.com/quick-trip/covid-19_new/

また、一般商品でも、OPでPCR検査をご選択いただけます。(有料)

 

移動・行動の制限のない世の中が一日でも早く訪れるように、当社もFDA・フジドリームエアラインズ様利用のツアー・旅行で企画・造成していきますので今後ともよろしくお願いします。

 

<記載・編集>

ラド観光株式会社 大槻将利