RADO観光
フジドリーム 旅Color Full
RADOからのお知らせ
7年に一度の盛儀 善光寺御開帳参拝ツアー販売開始

RADOからのお知らせNEWS

2022.5.18

7年に一度の盛儀 善光寺御開帳参拝ツアー販売開始

この度当社ラド観光では、7年に一度の盛儀善光寺前立本尊御開帳参拝ツアーをFDAフジドリームエアラインズの小牧線を利用して設定いたしました。

 

善光寺御開帳参拝ツアー特集ページ

https://rado.co.jp/network/fda/quick-trip/zenkoji/

 

数え年7年に一度、絶対秘仏である御本尊様の御身代わりとして、まったく同じお姿の前立本尊様を本堂にお遷しして全国の人々がお参りいただく盛儀となります。

 

☆ツアーポイント☆

①青森発、高知発、福岡発、名古屋駅発、名古屋空港発から設定

 

善光寺前立本尊を7年に1度のこの時だけ特別にお姿を拝む事が出来ます。

 

大勧進大僧正お会い

 

④白衣を着ての御開帳参拝(貸出)

 

⑤南信州飯田の元善光寺も参拝いたします。

 

⑥大勧進廻り護摩祈願

 

【善光寺】
日本最古といわれる御仏を祀る善光寺は、日本を代表する霊場であり、法燈連綿として約1400年の歴史を経て今日に至っています。 寺伝によれば、本堂は皇極天皇元(642)年の創建以来、十数回の火災に遭いましたが、その度に全国の如来さまをお慕いする心によって復興され護持されてきました。 善光寺本堂は国宝に指定されており、木造文化財としては東日本最大の建造物です。桧皮葺の壮麗にして優美な本堂は、すべての人々を温かく、御仏の慈悲で包んでくださる道場です。御仏をお祀りする「金堂」と、多くの人々が僧侶の勤行にともに参加して礼拝する「礼堂」とが一体になった建築です。 善光寺はいずれの宗派にも属さず、すべての人の極楽往生の門として、また現世の安穏をお与えくださる大慈悲の如来さまがおわす聖地として、広く深い信仰を得ています。

 

 

【善光寺御開帳とは】
善光寺の御本尊「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特のお姿をされています。白雉5(654)年以来の絶対秘仏であり、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして「前立本尊」が造られました。普段は御宝庫に安置されていますが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。前立本尊中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸に変わり、白い「善の綱」として、本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊に触れるのと同じこと。ここにありがたいご縁が生まれ、その功徳ははかりしれません。

 

善光寺御開帳参拝ツアー特集ページ

https://rado.co.jp/network/fda/quick-trip/zenkoji/

 

皆様のご参加をお待ちしています。

 

当社の情報をSNSでゲット! GoToトラベルキャンペーン情報も配信予定

■ラド観光FDA/Facebook

https://www.facebook.com/rado.travelservice

■ラド観光FDA/Twitter

https://twitter.com/rado_fda

■ラド観光FDA/Instagram

https://www.instagram.com/rado_travelservice/