RADO観光
フジドリーム 旅Color Full
RADOからのお知らせ
FDAで行く出雲キャンペーン商品販売開始!名古屋発出雲・松江

RADOからのお知らせNEWS

2023.12.12

FDAで行く出雲キャンペーン商品販売開始!名古屋発出雲・松江

この度当社ラド観光では、1~2月出発の名古屋小牧-出雲路線販売促進の為、FDAフジドリームエアラインズ利用においてキャンペーン商品を販売開始いたします

全国旅行支援がなくともお得な当社FDAフジドリームエアラインズ利用の旅行でお楽しみください

 

 

【対象路線】

名古屋発出雲

 

 

名古屋発出雲

19,300円から

島根にごだっしゃい!

商品はこちら

 

2日間希望の方は

商品はこちら

3日間希望の方は

商品はこちら

4日間希望の方は

商品はこちら

 

出雲大社のご紹介

縁結びの神様として名高く、神話のふるさと出雲を象徴する出雲大社

主祭神は大黒様(だいこく)として馴染みの深い大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

 

大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲られますが、そのときに造営となる壮大な宮殿が出雲大社の始まりといわれています

昔の出雲大社本殿の高さは約48mあったと伝えられています。

当時の建築技術では無理なのではないかと言われていましたが、2000年に本殿の南側で鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘され、巨大な神殿の存在を裏付ける発見となりました

上記の写真はどこかのテーマパークにいらっしゃる方の影ではなく。

巨大な柱根の大きさの跡です

 

八足門前にある事からも、もともとはこの柱根の上に本殿があったと想像できます。

主祭神は、大黒様=大国主大神です

大黒様といわれれば打出の小槌で印象で財運福徳といったイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?しかし、七福神の中の大黒天様とは正確には別の神様です。

 

ではなぜ縁結びの神様なのでしょうか?

大国主大神は王朝を繁栄させ、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。

大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁です

 

ちなみに上記の八足門の中に特別参拝する商品もございます

1月下旬の超日程限定のプラン!

FDA利用名古屋発!出雲大社八足門内特別参拝付プラン

商品はこちら

 

出雲大社には主祭神の大国主大神の古事記の一場面などの像があります。

前方の幸魂と奇魂を両手を広げて頂く姿

様々なものとの縁を結んで幸福になることを願う神、ムスビの神を称された大国主大神を表した像

 

これは有名ですね!因幡の素兎

サメに全身の皮を剥かれた白ウサギが痛みで泣いているところに大国主大神がやって来て、“真水で塩を洗って蒲(ガマ)の穂に包まれると良い”と教えたところ、ウサギの傷が癒えたというお話で、大国主大神の優しい性格がうかがえる一幕です。

 

ところで皆様、出雲大社の拝殿や御本殿を御存じですか?

よく雑誌などで紹介される大注連縄でおなじみの神楽殿と勘違いされていませんか?

本殿の写真はさきほども掲載しましたが下記です

御祭神に最も近づける上記の八足門の中に御本殿がございます

神楽殿は、祭典、祈願、結婚式などが行われる場です

 

参拝は拝殿、御本殿前で必ずおこなってくださいね

また参拝方法は出雲大社では、

二礼四拍手一礼です

※一般的には二礼二拍手一礼です

 

上記をご参考にぜひこの冬は出雲旅行にお出かけください

 

2日間希望の方は

商品はこちら

3日間希望の方は

商品はこちら

4日間希望の方は

商品はこちら

 

当社ラド観光ではFDAフジドリームエアラインズ利用の観光・出張・スキーなど様々なロケーションに対応した商品を取りそろえています

 

旅で日本を元気に!

当社ラド観光はFDAフジドリームエアラインズの全空港発着商品を多数取り揃えています

当社の情報をSNSでゲット!

ラド観光FDA/Facebook

https://www.facebook.com/rado.travelservice

ラド観光FDA/X(Twitter)

https://twitter.com/rado_fda

ラド観光FDA/Instagram

https://www.instagram.com/rado_travelservice/

ラド観光FDA/Threads

https://www.threads.net/@rado_travelservice

ラド観光FDA/LINE

https://lin.ee/kMd9QyH

ラド観光/アプリ

https://www.rado.co.jp/app_related/info/downloadpage.html